【渓流釣り】タックルベリーの管理釣り場  ベリーパーク fish on鹿留で爆釣!

管理釣り場

こんばんは。はじめまして。

本格的な冬将軍の到来にノーマルタイヤ民である私は行動範囲を大幅に制限されてしまっています。

本当は犀川に行ったりしてみたいのですが、この寒波のせいでおそらく無理…群馬漁協は川のタイプが少し違いそうなので、行くのも迷っています。

と、そんな私に適しているのが山梨県です。

忍野のころからおせわになっていた山梨にタックルベリー直営の管理釣り場である「ベリーパーク Fish ON鹿留」というのがあるようで、そこにいってみました

そこはなかなかいろいろなエリアがあり、以前一度行ってみたことがあり、そのときは渓流エリアに行ってみたのです。

そのときはフライ練習がメインだったので、実際の川って感じのフィールドで練習には役立ったのですが、管理釣り場のわりに魚影はあまり濃くなかったのです。

そのためあまり良い印象はなかったのですが、今回とっても裏切られました。

パインレイクで釣ることに

池がいくつかあるんですよ。ええ。この管理釣り場。

渓流エリアの他に池が2つあるんですが、パインレイクというのと鹿留湖というのがあります。

受付で聞いてみるとパインレイクは大物がメインの池らしい。いつもは大物池とかは避けるタイプなのですが、今日は気分がイケイケだったのか、そちらで釣ることに。

料金はパインレイクのみ券とか、全部釣れるよ券とかがありまして、今回はパインレイクのみ午後券¥3000-.です。(持ちかえる場合は更に値段が上がってました。)

また、他の区画では17時終了でしたが、パインレイクでは18時まで釣りをすることができました。この時間差が大きく影響してくるとは…

釣り開始

さて、例のごとく早起きが苦手なわたしは14時頃にパインレイクに到着。Mazda3快適だったわ。釣り場の混雑具合はこんな感じ

あんまり人いないですね。平日にしても。もう一つのポンドもそこそこ空いていた

周りの方を見ているとルアー4人・フライ2人といった感じ。1時間程度やっているなかで釣れているのは1人のみでした。なかなかこれは…という感じですね。

まずはフライを投げていくのですが、この池立ち位置の後ろに法面があり、フライのバックキャストが満足にできません。池中心の立木にぎりぎり届かないくらいの感じでうまいことなっています。おのれタックルベリーめ

他のフライマンを見ているとどうやらロールキャストをしている様子なのです。たしかにこの池だとそれしないときつそう。しかもロッドがでかい。わしの4号では小さかったようですw

しかも爆風が吹いているのでフライではなかなかきつそう。風裏は取られているし。

ということでフライ2割・ルアー8割り程度のバランスで釣りを進めていくことに。

ですが周りの人たちと同様に、私にも魚信なし。極寒の中、適当に投げたエルクヘアカディスにドラッグがかかり、その不自然な動きにあったライズ1発のみ。

寒すぎるしもう帰ろうか。という感じに周りがなっていきます。

そして日没が始まりあたりが薄暗くなってきたころには私だけに。

皆さんは知っていますか?バス釣りで大物が簡単に釣れる時間帯を

そう

夜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヨルナンデス。ふざける意図はなかったのですがふざけてましたw

思えば人生初60upも1日じゅう釣れない池で、日没後にヤケで投げたくそでかスピナーベイトでした。

ということで、昼間釣れないような釣り場は夜に釣れます。というか、どの釣り場でも時合がありますよね。管理釣り場では人的プレッシャーがあるため、時合は本来のタイミングからは外れていき夜に釣れるような傾向があると思います。

まあそういう感じの考えなのですが皆さんはどうですか??タックルベリー系列だと王禅寺とか、すそのフィッシングパークとかもよる営業しているので、試してみてください。

すそのは夜でも厳しいでしょうが、昼間に比べれば幾分か釣りやすくなるイメージ。

つれました。

そんな考察を経て釣れました。釣りしている最中はそんなことは考えていませんw

釣れないなーさむいなーあと1周したらかえるかーといった感じw

ラスト1週はもうルアーのみ。しかも蝦夷ルアーです。もちろん源流で使っていたので5cm程度。

投げてかなり激しめにトゥイッチを入れながらリーリング

すると昼間には考えられないほどはっきりとしたアタリが!!

ですがのらず。次のキャストも同じコースを通して、同じリーリングをすると

ガッッッッッツン!!!!!!!!!

アホみたいな強烈なアタリ!合わせなんて必要ないくらいのアタリです。なにもせずとものってるw

確かにさすがパインレイクというかんじの引き!ドラグギリギリ竿は三日月!

開成水辺フォレストスプリングスでもなかなかここまでのコンディションの魚は釣ったことないです!

そんなこんなで上がってきたのがこの魚!!!!!!!!!!

ババンボ!!!

小さい源流用のネットしかなかったので怖かったですが、とんんんでもないビッグワン…竿がおもちゃみたい。

おなかもパンパンです。なんじゃこいつ。模様的にカワサバ的な?F1みたいな純粋な虹ではないような感じがしますね~

ルアーも、いわゆるハーモニカ食い。きみはシーバスか?

パインレイクのポテンシャルに驚かされつつ、久しぶりの魚とのやり取りが楽しくて仕方なかったです。笑

源流ではかけるまでがメインですが管釣りの大物はかかってからも楽しめるのが良いですねー下手すりゃ切られるというヒリヒリ感も楽しい!オフシーズンですがまた別の釣りをしているみたいで冬も好きなのです。

そんなかんじでようやくハマってくれたミノーイングを続けていきます。

するとキャストの度40cm以上のデカマスのチェイスが見えます!!!!!この池やばい!!!!!

そんなのを繰り返しているとゴン!!!!という最高の当たりが!

そしてキャッチ!また40upでした!ネットにフックが絡まり逃げられました。

※参考にさっきの魚別角度

そしてこの2匹を釣った頃、ルアーを確認するとなんかおかしい。

いやフック伸ばされてるやん!!!!!!!!!!Super Power…!!!

そしてルアーを変えてD-コンに。

Dコンでは蝦夷よりもトゥイッチが柔らかかったので、更に強めに。リーリングははやめにしてキビキビを維持します。

するとまもなくヒット!

またもや40upのでかニジ。写真を撮るまもなく逃げていきました。

今回の勝因は夕方まで釣りを続けたこと。敗因はネットが小さかったことです。

楽しかったぁぁぁあ

久々の釣り記事。楽しかったのが伝えにくいね。

楽しい釣りでしたとても。今は鹿留あたりは気温かなり下がっていることで凍結始まったりしてそう。

再現性はあるかはわかりませんが、こういうパターンもあるみたいです。

ブログを見ていると、リアクションの釣りがメインなイメージでしたが、今回の食い方を見ていると追って追って食べる!というのが多かったのでミノーらしいつりになっていたと思います。

リアクションの釣りにしても、今回の釣り方にしても、パインレイクではルアーだとしたらミノーっていう感じっぽいですね。スレもなかなか感じでした。

フライマンの人は昼間でも釣れていたので、ロールキャストができれば良い釣りができそう。ただ、インジケータ禁止とかのレギュレーションあるので気をつけてね。

では。また次回。よろしやす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました